【最新版】東京近辺におけるフリーランスのお仕事動向

こんにちは。今回は、東京近辺におけるフリーランスのお仕事動向について、ここ最近の状況などをお話しさせて頂きます。

【東京近辺におけるフリーランスのお仕事動向】

東京近辺の5,6月のフリーランスのお仕事動向ですが、Javaの人材を求める案件が変わらず多く、全体の半数を占めています。
VBC#ASPを絡めた.NET系の案件全体の1.5割程度PHP案件同じ割合になっています。

●業務系システム開発

ビッグデータ新規のシステム開発は案件数が少なく、システム更改の案件が多い状況ではありますが、コロナ禍が解消されれば新規のシステム開発も徐々に増えていくと思われます。
但し、システム自体のクラウド化はそれと関係なく進んでいますので、今後、新たに出てきた開発環境には、いち早く対応できるよう備える必要があるかも知れません。
またスクラムなどアジャイルの開発手法で進める現場もかなり増えてきましたので、経験する機会があった時は、積極的に携わることをお勧めします。

●サーバー、NWインフラ構築、運用

インフラ基盤についてはクラウド化がかなり進んでおり、オンプレミス環境の構築案件はなかなか出てこない状況です。
こちらは、今後もこの方向で進むと思われますので、AWSAzureGCP環境などのクラウド環境の構築案件に携わることが出来たときは、構築後の運用工程にも加わって一連の作業を経験されると良いと思います。

【コロナ禍の影響で進む業務システムのクラウド化】

コロナ禍の影響で、業務効率コストを意識した業務の刷新を進めている企業は少なくなく、インターネット回線の高速化5Gの登場で、業務システムのクラウド化が促進させていくのは確実です。

●クラウド関連の知識は、ヘルプデスクにも求められる?

ヘルプデスクOffice365などのSaaSバックオフィスで利用する企業が増えている中、IT業界の登竜門であるヘルプデスクなどのサポート系の案件は、以前よりも経験専門知識が求められる様になったことでハードルが上がりました。
現状は、導入支援などの対応が出来るエンジニアの数が多くないので、もし携われる機会があった時はチャンスかもしれません。

●クラウド化が進む中、今後に求められるスキルは?

Pythonスクリプトを用いたデータレイク案件など、ビッグデータ関連の案件が最近目立ってきました。
コロナ禍による巣ごもり需要など、ビッグデータを活用しようとする企業は増えていくと思いますので、業務システムのクラウド化と共にビッグデータを活用するためのデータレイク関連技術経験は、今後に求められるスキルになると考えています。
携わる機会がありましたら、ぜひチャレンジしてみて下さい。

【まとめ】

東京東京近辺について、一時期にあった人材不足からくる高単価案件が乱立したバブル状態は、コロナが綺麗さっぱり洗い流してしまったため、経験が浅くとも希望の案件に加われる機会などは得難くなってしまいましたが、どんな技術であっても自信を持ってそれが得意と言えるエンジニアを求める現場は、今も変わらず各分野にあります。
積極的に動きにくい状況が続いておりますが、これからもご希望の条件に見合う案件のご紹介が出来ますよう全力で取り組んでいきますので、貴方からのご応募、お待ちしております!
また、ご相談などありましたら、いつでも遠慮なくお問い合わせ下さい。

わずか15秒エントリー

    ▼ 必須項目は3つのみ!

    ※ご登録頂く方は下記の規約をよくお読みの上、同意頂くようお願いします。
    個人情報保護方針

    ▼ 下記は任意項目です。

    経験スキル (任意 複数選択可能)

    希望勤務地 (任意 複数選択可能)

    業務開始 希望時期 (任意)即日未定カレンダー選択 頃希望

    希望報酬 (任意)
     希望 月額 万円
     最低 月額 万円

    第一希望面談日 (任意 複数選択可能)
    終日OK10時~12時の間12時~15時の間15時~18時の間18時以降オンライン面談ご希望

    第二希望面談日 (任意 複数選択可能)
    終日OK10時~12時の間12時~15時の間15時~18時の間18時以降オンライン面談ご希望

    その他ご要望 (任意)

    職務経歴書 (任意)

    スキルシート (任意)

    【ファイルの送信につきまして】
    ファイル選択した経歴書は当社担当者宛に送付されます。
    ※添付できるファイルの種類は下記のみとなります。(括弧内は拡張子)
    ・Microsoft(R)Excelファイル(.xls|.xlsx)
    ・Microsoft(R)Wordファイル(.doc|.docx)
    ・Adobe(R)PDFファイル(.pdf)
    ※添付できるファイルの容量は、2MBまでとなります。

    関連記事

    TOP
    TOP
    わずか15秒エントリー